行事報告

2013年11月26日(火)

11月25日(月)東京ドームにおいて、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、全国の消防団員・消防職員ら約37,000人が一堂に集結、本県からは総勢744人が参加し、「消防団120年・自治体消防65周年記念大会」が盛大に開催されました。

今大会は10年に1回の記念大会であり、「消防 その愛と力」をテーマに開催されたもので、今日までの我が国消防の発展の道のりを振り返るとともに、消防関係者がより一層強い団結の元、さらに精進を重ね、東日本大震災の教訓をいかして我が国の安全を守る消防団等の一層の充実・発展をめざす決意を新たにするものであります。

 

 

オープニングでは、木遣と纏振り及びはしご乗りが披露されました。纏振りには新発田市消防団と五泉市消防団等が出演、消防伝統演技の素晴らしさを堪能するものとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

大会は三部構成で行われました。第一部式典では、記念表彰等が行われ、当協会からは日本消防協会会長表彰を次の方々が受賞しました。

 

消防団協力者表彰   見附市消防後援会

 

永年勤続表彰      糸魚川市消防団  団長 池亀六男

 

消防団員家族表彰   8家族  25名

 

 

第二部・第三部では、放水演技等の消防実技や、消防音楽隊・幼年鼓笛隊等による演奏や芸能人消防応援団によるライブが行われました。最後に、消防未来宣言で締めくくられ、参加者一同士気高揚につながる大変有意義な大会になりました。