会長挨拶

 

ようこそ公益財団法人新潟県消防協会のホームページへ

 

新潟県消防協会は、県内30消防団の団員38,111人及び19消防本部の職員3,262人、合計41,373人の会員(平成28年10月1日現在)で構成されており、消防団員及び消防職員の活動の支援と消防防災思想の普及啓発や地域消防防災力の向上に取り組んでおります。

当協会では公益目的事業として、新潟県・開催地市町村と共催で消防大会・操法競技会を実施するほか、消防殉職者慰霊祭、消防功労者表彰、防火防災啓発事業や消防研修事業などを行っています。また、消防団員及び消防職員の福利厚生のため互助事業と福祉共済事業を充実し、安心して消防活動に取り組める体制の確保に努めております。

消防団員は「自分たちの地域は自分たちで守る」という郷土愛護と奉仕の精神のもとに、火災に限らず地震や風水害等の災害現場にも急行し昼夜を問わず救援・救護活動に当たっています。

新潟県の消防団員数は兵庫県に次ぐ全国二番目の規模を誇っていますが、消防団を取り巻く環境は厳しく、消防団員の減少化、高齢化等の問題を抱えております。

平成25年12月に「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」が制定され、消防団が地域防災力の中核として欠くことのできない存在であることが明記されました。これを契機として、改めて地域社会の安心安全を確保するため、地域活動を担う人材を育て消防団員の加入促進を図っていく必要があると思っておりますので、これまで以上に消防団等へのご理解ご協力をお願い致します。

公益財団法人新潟県消防協会

会 長  藤 田  隆